〜カーテン生活〜
  お気に入りのカーテンを見つけて快適生活を送ろう
カ ー テ ン の 色 に つ い て

Last update:2014/9/11


世の中には色があふれています。人間が識別できる色数は一説によると、数百万種とも
言われています。色は組み合わせ方によっては、見る人に心地よい印象を与えたり
不快感を与えたりします。インテリアに用いる色の場合、単に色同士の調和ではなく
この空間にいて心地よく感じられることが大切です。

     暖色と寒色

色には、暖かさや寒さなど温度を感じさせる心理的効果があります。暖かさを感じさせる
色を「暖色」と言い、反対に寒さを感じさせる色を「寒色」と言います。
暖色と寒色では体感温度が3度も違うと言われています。その他、暖かくも寒くも
感じさせない色を「中性色」と言っています。   


     暖色系        寒色系
・飛び出て見える(圧迫感がある) 
・膨張して見える
・時間の経過が遅く感じる
 
・後ろに下がって見える
・伸縮して見える
・時間の経過が早く感じる



     色の性質

【ピンク】
幸福感のあるやさしいピンクは心身を和らげる効果があります。
女性ホルモンの働きが活発になるため若々しくなります。

【オレンジ】
太陽を思わせるオレンジは陽気さや活発さが表現できます。
食欲も高まり元気を与えてくれます。又、時間の経過を遅く感じさせます。

【アイボリー・イエロー系】
明るいアイボリーやイエロー系は、壁とよくなじみ部屋を広く感じさせます。
自然光に最も近い色といわれ希望、願望の表現色です。

【クリーム】
軽快な感じがするクリームは若者に人気があります。
食欲がわく暖色系なのでキッチンやダイニングにおすすめです。

【ベージュ】
ベージュはナチュラルカラーの代表でありインテリアのベーシックカラー。
心穏やかにくつろぎをイメージさせるので全ての空間で幅広く使えます。

【ブルー】
ブルーは爽やかなクールな印象、水色のように薄い綺麗な色は清潔感があります。
集中力を高めたり沈静的なムードが楽しめます。又、時間の経過を早く感じさせます。

【グリーン】
グリーンは疲れた身体を癒してくれるリラックス効果があります。。
読書やパソコンで疲れた目も休まるかも。ストレス解消にもおすすめです。




     空間全体をカラフルな印象にする場合

空間全体をカラフルな印象にする場合
楽しい感じの部屋を作るためには、空間全体をカラフルな印象になるようにまとめます。
ただし、色は3系統以内にして、窓の色とクッションの色をそろえるなど
色の氾濫に要注意しましょう。

     空間全体を同系色でまとめる場合

品のいい部屋をつくるためには、空間全体を同系色でまとめるとよいでしょう。
その際、窓は淡く、ソファはやや暗めに、小物などはやや派手にというように
空間全体で濃淡の効果がでるようにしましょう。

     窓をアクセントにする場合

窓にポイントを持ってくるためには、窓に派手な色を使い、窓以外の内装材や家具などは
おとなしい色にしておくことがポイント。窓だけが浮くようなら、花や小物に、窓と同じ色を
つけると馴染みやすいでしょう。

     窓を空間全体にとけ込ませる場合

窓を目立たせず、空間全体に溶け込ませる場合は、壁の色と近い、淡い色を選びたい。
この際、アイボリーやベージュにしておくと、飽きがきにくく、また、淡い色は、部屋を
広く見せてくれる効果もあります。沈静的なムードが楽しめます。








check

ドクターアイズの評判について
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1148230809479034701

Last update:2017/2/14